スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパクトなカメラ

どもども

コタツを設置してホカホカなダメ男です。

っていうか、まだちと暑い^^;

さて、富士フイルムのX100を見てからというものの、どうやらコンパクト機が欲しい欲しい病にかかってしまったようですw
まぁ前から欲しいとは思っていたんですが、最近はいい物がいくつもありちょっと悩ましい感じになっています。

とりあえずはいつも通りここである程度まとめておこうかな。

1、ニコン COOLPIX P7000
コンパクトといったらやっぱりコンデジですね。
ニコンのコンデジフラッグシップ機でダイヤルを多用した操作性は良さそう。
また、EDレンズ・28~200mmの焦点距離・手ぶれ補正機能などこのクラスのコンデジではトップクラスの利便性。
現在、デジイチで使用中のスピードライトSB-600が使用できるのもポイント。
撮像素子も1/1.7型CCDと大きく、高いダイナミックレンジを誇る。

が、

撮像素子が大きいといってもやはりコンデジ。
この後登場する4/3センサーやAPS-Cセンサーに敵うはずもない。
またコンデジにしては本体サイズが大きいのもネック。
コンデジならではのレンズが沈んで収納される点はいいんだが・・・
価格的にも新製品だけあってまだ5万前後と高く、どれほど下がるかが今後の焦点となる。


2、パナソニック LUMIX GF1(パンケーキセット)
コンパクト&ロープライスのμ4/3機。
4/3センサーを使った大人気商品で、その写りの良さがカメラ女子を量産中w
その特徴は何といってもこのパンケーキレンズ。
F1.7と明るく、しかもμ4/3を利用している人がそろって絶賛するほどのいい写り(らしいw)。
このレンズ、単品だと3万するのだが、GF1パンケーキセットが4万ほどなので、1万で本体が付いてくると考えればとんでもない割安感がある。

が、

残念。というよりも惜しい点は手ぶれ補正がないこと。
まぁ明るいレンズなのでなくても大きな問題ではないのだが、同じ4/3機のオリンパスは標準で付いてくるので「あったら良かったなぁ」とか思ったりしてw


3、オリンパス PEN E-PL1(パンケーキセット)
μ4/3の火付け役、E-P1のエントリーモデル。
さっきも書いたように、手ぶれ補正がついてるし、パンケーキレンズもパナソニックほどではないが評判がいい。
手ぶれ補正は約3段分となり、ヘタッピなうちでも安心感がある。

が、

価格が6万とGF1に比べて2万も高い。
手ぶれ補正はあるがレンズがF2.8とパナソニックに比べ1段以上暗く被写体ぶれには弱い。
そう考えると「GF1でいいのかなぁ・・・」とか思ったり思わなかったりw
それからこれはGF1にも言えるのだが、出来ればファインダーを覗いて撮影したい。
となるとEVFになるんだが、これが2万程度とそこそこいい値段で、しかも出っ張りが出来てしまいコンパクトという前提が崩れそうになる。
ん~、考えようだなぁ。

4、富士フイルム FinePix X100
うちの頭を悩ませる機種w
懐古的なデザインと久しぶりに出す富士のAPS-Cセンサーで一部のファンが盛り上がりを見せる。
まだ発表のみで未知な部分が多いが、レンジファインダーとEVFが合わさったハイブリッドファインダーが注目されている。
また、4つのうちで一番大きなAPS-Cセンサーなのでボケを使った写真に秀でている。
レンズもF2と明るく、本体と一体型なので撮像素子に最適化された設計になるのは間違いなく、写りはかなり期待できるだろう。

が、

最大の問題はその値段。
メーカーの現段階の希望としては12~15万ととんでもなく高い。
つくりはマグネシウムボディ、ダイヤルは削りだしと作りはまさしく高級品なんだが、GF1が3台買えてしまう値段になると流石においそれとは手が出ない^^;
富士の写りは手にしたいが、手に出来るほどの余裕がないのは大問題だw


今のところGF1が最有力候補なのだが、気軽な高機能のE-PL1も捨てがたく、値段が落ちたP7000の機能性も魅力的。
そして何より心がX100に傾いているのが頭を悩ませているw

どうやら春先までこの悩みは続きそうだwww

ではでは~^^ノシ
スポンサーサイト
プロフィール

kent4179

Author:kent4179

PHOTOHITOブログパーツ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。